0877-25-1111 FAX : 0877-25-1115
お問い合わせ

工場一覧

工場一覧Factories

丸亀工場

「製材」という当社の原点を支える旗艦工場

当工場では、原木の「皮むき」、「大割り」から「乾燥」「小割り」までを行います。大量生産に適した、スイッチひとつのオートメーションから、品質を重視した熟練者による入念な手作業まで、使用される部材の用途にあわせ、作業を行っています。 また、造船用の渠底盤木や足場板、さらには特注の舶用装備品・建具類まで当工場で製作しています。

丸亀工場長
森崎悠司
工場敷地面積
:10,000m²
原木処理能力
:約3,000m²/月
原板処理加工能力
:3,000m²/月

丸亀第二工場

需要の増加と高品質の要求に対応する、当社の主力生産拠点

当社生産拠点の主力として、1995年に完成した丸亀第二工場。木工工場と集成材工場の二つの工場で構成されています。従来の生産方法や作業内容、品質や製品の種類などを長期にわたり細かく分析し建設された工場は、作業効率や安全性の向上だけでなく、環境面にも配慮した最新の設備を整えています。

木工工場長
兼近剛
集成工場長
角野健司
工場敷地面積
:19,000m²
木材加工能力
:2,000m²
集成材生産能力
:500m²
たて継ぎ材生産能力
:300m²
木材人工乾燥能力
:320m²
木工工場

木工加工工場では、原盤の「再割加工」や「カンナ掛け」など、製品の仕上げに関する加工を担当します。プレハブ工法や、ツーバイフォー工法の普及にともない、住宅建設現場での加工負担を減少させるため、工場での加工工程処理を行います。製品の精度も許容値が±0.5mmという厳しさが求められています。  当工場では多様化するニーズや、さらに高まる品質・精度の要求に対応するため、さまざまな機械を導入。精度の高いオート定規つきクロスカットソーや、斜め切り三次元カットが可能なトラスカットソーなど、最新の設備を整え、お客様のニーズに合わせた部材を生産しています。

集成材工場

原材料の小径木化や木材資源の有効利用が叫ばれる現在。一方で、建築部材には、多様化と高性能が要求されています。廃材の有効利用から始まった集成材は、これらの相反する要求を満たし、またコストの面でも安価であるため、その需要は増加の一途を辿っています。  集成材工場では、建物の躯体など耐力部材に使用される「構造用集成材」や、内部造作などの非耐力部材に使用される「造作用集成材」の両方を生産。集成材のJAS認定工場として20年の実績を持つ当社のノウハウを最大限に生かし、高品質の製品をリーズナブルな価格で提供しています。

丸亀第三工場

厳密な品質管理基準に基づくプレハブ住宅用木質パネル製作工場

丸亀第三工場北棟は大和ハウス工業株式会社の製造者認証工場として主に四国四県の戸建・集合住宅の木質パネル(間仕切パネル、床パネル、天井パネル、屋根パネル)を生産しています。大和ハウス工業株式会社の他工場と同じ基準で品質管理を行っています。また災害発生時には仮設住宅のパネル生産も行います。 北棟はそれらのパネルをはじめとする各物件の資材を一手に保管・出荷するデポ機能と共に、各建築現場から戻ってきた建築廃材をリサイクル・リユースするための分別回収機能を有しています。

第三工場次長
塩川卓也
工場敷地面積
:7,200m²
パネル生産能力
:20,000枚/月
建屋面積
:3000m²
出荷能力
:800台(4t車)/月
お問い合わせContact

ご質問、ご要望など
お気軽にお問い合わせください

プライバシーポリシーCopyright © 清水木材株式会社. All Rights Reserved.